株式会社戸田精機 Wonder Vise ワンダーバイス

HOME > 製品紹介 > Wonder Vise ワンダーバイス
icc_off
より使い易く、より高精度に、
様々なワークに対応するオプションの充実

ワンダーバイスの特徴

精度を追求するクランピング

ワーク重量が20Kg!を実現。 3次元方向調整可能。

ワークの様々な形状にも対応

オプションを豊富に揃えました。 あらゆる形状のワークにも安心。

素早い段取りが可能

これまでの位置決めは、レンチによる調節が主流でした。 ワンダーバイスはこれをボタン一つでワンタッチ位置決め。 「簡単・素早く」が作業効率を変えて行きます。

オートデックス 特徴と画像

ワンダーバイス取扱い方法

ワンダーバイス
  1. 旋回支柱
  2. 取付ボルト穴
  3. 平行調整ネジ
  4. 水平調整ネジ(レベリングボルト)
  5. ワンタッチ プッシュ ピン
  6. ワーク クランプボルト
  7. ベース プレート

 

機械テーブルへの取り付け

㈰バイス及び機械テーブルの各取付け面を清掃します。
㈪バイスを、付属のM8ボルトで機械テーブルに固定します。この時、機械のX軸またはY軸にほぼ平行にGベース プレートを取付けて下さい。

ワークの取付け

㈰ワークをサポートレールに乗せる。
㈪Eワンタッチ プッシュ ピンを押しながら、スライダー固定ブロックとスライダーをワークの近くまで移動させます。
㈫Eワンタッチ プッシュ ピンから手を放し、スライダー固定ブロックを固定させます。(スライダー固定ブロックは25mm間隔で固定されます)
㈬Fワーク クランプ ボルトでワークを固定します。

調整

㈰ワークの側面にダイヤルゲージを走らせ、C平行調整ネジにより平行調整を行います。(調整範囲 : ±1mm) ㈪ワークの上面にダイヤルゲージを走らせ、 水平調整ネジ(レベリングボルト)(2ヶ所)により水平調整を行います。(調整範囲 : ±0.5mm)

注意

  • サポートレールが、機械テーブルのゼロラインより下へ4mm飛び出しています。ノズルとの干渉には十分にご注意下さい。
  • サポートレールや基準面に付着したスラッジやホコリ等は、精度に大きく影響します。ご使用前に必ず取り除いて下さい。
  • ワークの取付け、取外し時に生じた打痕等は、精度に大きく影響します。油ト石等で取り除いて下さい。
  • ワンダーバイスは、全部品ステンレス材を使用していますが、スラッジの長期蓄積による腐食が発生する事があります。ご使用後に、ウエス、エアー等で簡単に清掃を行って下さい。

ワンダーバイス寸法

ICCホルダ図面

オプション

ワンダーバイスオプション

カタログダウンロード

カタログダウンロード

ワンダーバイスのカタログをダウンロードしていただけます。

ページの先頭へ
TEL0743-790-927/FAX0743-790-991
ICC ホルダ
auto_right
catalogdl_off